東京綾瀬腎クリニック院長ブログ「おさだ新聞」

東京都葛飾区の東京綾瀬腎クリニック院長 長田しをり のブログです

透析学会で発表を行いました

f:id:tokyo-ayase-jin-clinic:20210630175749j:plain

 

6月4日~6日横浜で透析医学会があり、今年は現地開催とWebの両方でしたので、久々に現地での学会に行ってきました。やっぱりビールでなくても生がいいです!自分には(笑)。


腎性貧血への新しいお薬と、それに必要な鉄補充をリン制御と共に行える有用な薬が今はあります。これに関し、腎不全患者様の貧血と骨ミネラル代謝異常の病態解明に関するセッション・引き続き興味を持っている栄養のセッションなどを聴講し勉強してきました。


自分は、亜鉛補充を長期リスクなくシンプルに行う投与法を発表し、工学技士と管理栄養士からは濾過透析の新しい手法と継続的栄養指導の発表で、いずれも次につながる発展性を持った佳い研究でした。皆さまへの日常診療に還元できすよう努めていきたいと思います。


さて、梅雨寒のあと暑夏がやってきます。


南から太陽直撃の当クリニックでは透析室の室温調整が難しくなる季節です。腎不全によって代謝の低い患者さま方にできるだけ配慮したいと思っております。
コーナーごとや時間ごとの室温調整と湿度調整、対流促進の他、個別には液温調整や、アイスノンあるいはゆたぽん大活躍で乗り切りたいと思います。
患者さま方はお持ち込みご希望の機器がおありでしたら、可能ですので、スタッフへご相談ください。
処方透析(個別の透析条件設定)の観点からご利用いただく機械・ベッド位置が限定される場合がありますが、なるべく快適にお過ごしいただけるよう努めます。

引き続きよろしくお願い致します。

コロナワクチン

f:id:tokyo-ayase-jin-clinic:20210504184605j:plain

s.osada


コロナワクチン

ようやくお知らせが届き始めましたね!

アレルギー反応の起きる可能性は腎不全疾患とは無関係にありますが、

腎不全・透析治療中ということで接種できないことはありません。

ただ、シャント肢でない上腕に打つことになりますから、多くの方の場合は

利き腕に打つことになり、翌日の腫れや痛みでややご不自由な思いをなさることが

あるかもしれません。

頑張って乗り切りたいですね!

 

お住まいにより日曜の接種も可能なようですので可能であれば、透析のない日で、

且つ、翌日が透析でない、あるいは透析を先送り出来る日に接種されると、

そのあとの透析来院が楽かもしれませんね。

 ・月組の方は、土曜か火曜

 ・火組の方は、日曜か水曜

副反応の微熱へは、それを和らげる お薬もありますので透析やご受診の際に

お申し出ください。

 

 

 

 

 

 

「シャント」の自己管理について

こんにちは!
「シャント」の自己管理についてです。

血液透析毎に安全に使用するルートには、古くからシャントとまとめて言われてきました。これは、ご自身の動脈と静脈を体内に手術でつないだ内シャントと、つなげる静脈に乏しい方の場合は人工血管を移植していただいている場合があります。また、四肢の人工血管も困難な場合や、心機能が良くない場合には、長期留置カテーテルを利用いただいくこともあります。これらをひっくるめてバスキュラーアクセスと言われます。

いずれも、まずは清潔が肝腎要めです。

表皮には、どなたにも雑菌が普通に存在しています。これがシャントから体内に入ると血流に乗って全身に回り、菌血症という命に関わる重篤な状態に陥ることがあります。さらに心臓の弁やカテーテル・人工血管といった異物にくっついて、心臓の弁を壊して人工弁に取り替え手術が必要になったり、人工血管やカテーテルを取り除いて新たに挿入する手術が必要だったりします。

ですので、針を刺す部分は、直前に、まず石鹸で表面をよく洗ってから透析ベッドへお上がりください。その上で消毒をするのが効果があります。
また、透析後に浴槽に浸からないようお願いします。

長期留置カテーテルにおいては、透析のときに消毒処置やキャップの交換を行っていますが、日頃より出口部がきれいに滅菌テープ保護されているようご確認いただき、出口部の赤み、膿み、発熱などあれば速攻でご連絡ください。

シャントの血管に痛みがないか、周りが赤くないか、音はいつもと変わらないかを常日頃からご自身で観察していただくのが大切です。

異変を感じたら全くご遠慮なく、透析に行く時まで置いておかずに私共にご連絡くださいね。診察の上、必要な検査やご加療をご案内します。何もなければ儲けものです。

皆さま方ご自身の日常の注意で、感染症や閉塞を早期発見し、より安全に暮らしましょう。

コロナ追記

先日久々に発刊しましたおさだ新聞にご質問をいただきました。

「熱があって当院に電話したらそのあとはどうなるのでしょうか?」と。

「おぉ、なるほど」と思いまして、皆様にお伝えします。

 

お熱でお電話いただき、透析来院をお待ちいただいた後は、

 

1)ご自宅待機で当方からの電話をお待ちいただきます。

当方から、

①透析がいつになるかのご案内

②発熱外来受診案内

を致します。

 

2)発熱外来をご受診いただきます。東和病院、その他になります。

そこで、コロナのPCRや胸CTのみで、症状に対し処方などの対応がない時は、

当方に電話でご連絡ください。当方で、症状への対応を決めお話しします。

発熱外来先で加療の対応があれば、その旨を当方にお知らせいただき、先方からの

ご指示に準じてください。

 

1)①で、当方での透析時は、

こちらの時間指定に従い他患者様とは時間差を作ってご来院いただき、バリフードという個人フィルター内で透析していただきます。身体に大丈夫な場合は、中2日が2回続く場合もあります。熱などの経過により、透析来院の日程やバリフード透析の期間は異なります。

このバリフードはこれまでの10年は主にインフルエンザの時に使用し活躍してきました。

 

さて、このバリフードですが、ウィルスカットフィルターで守られています。患者様でコロナ感染発覚し軽症で入院先を探せない場合(透析患者様のPCR陽性が必ずしも重症化するとは限りませんので)当方で透析続けることもあり得ます。

 

その際は、他の患者さまとは時間差でご来院いただき、クリニック内でのお着替は無しで、このバリフード内で、最小回数の透析で、2週間を乗り切ることになります。これは前述とおりインフルエンザ対策で11年前に購入し、毎年インフルエンザの度に大活躍でしたが、今回はコロナ対策のツールになりました。しかし、今季は今のところインフルエンザもなくコロナ使用もなく、ひっそりと出番待機中です。

 

*バリフード写真*

f:id:tokyo-ayase-jin-clinic:20210129151656p:plain

 

おさだ新聞を再開いたします

今年も早、大寒を迎え、寒い日が続いております。日々の診療・熱測定と手洗いにご協力まことにありがとうございます。患者様数の増加・外来CKD診療開始と共に長期滞っていましたおさだ新聞を再開いたします。

 

コロナ2年目の中、皆さまご不安な日々かと思います。自分でできるだけの予防を確実に行いながら、腹は括って粛々と、全ての生活に臨むことが肝要かと思っております。院内では換気に常に留意しておりますが、お気付きのことがありましたらぜひご意見をお寄せいただきたく思います。

 

皆さまのご協力のおかげで、この寒の時期を迎えても今年はいまだ風邪やインフルエンザでの発熱患者さん・職員の発生がなく、ありがたいことです。

 

新しいマナーとしましての、出入りの度に手洗いと消毒、鼻と口に常にマスク着用いただき鼻や口を触らない、1.5メートルは離れて話す、待合室や更衣室・その他の外出先で、極力最小限のお時間で過ごされ、会話はお控えいただく、微熱や気道症状の際は来院せずにご連絡いただく、などを引き続きクリニック全体で守っていきたいと思います。

 

腎不全の患者様では、コロナ感染しても味覚嗅覚異常や熱自体も出ない可能性は充分ありますので、他者からもらわないようにすると同時に、他者に移さないようにする配慮も、患者さまと職員一同で努めていきたいですね。

 

ところで、コロナ流行のために必要な病院受診を回避希望される患者様がおられます。しかし、ここにご通院されておられますと、日常的な風邪症状や腹痛などで混んだ一般内科の予約外診療をご受診なさる必要はないわけですから、上記の注意を守ることで濃厚接触のないようにし、極力予約診療で受診なされば危険は回避できます。

特に、血管や腫瘍性の合併症は、ご自身では自覚症状のない時期の早め早めの対応により重症化を防げます。それこそコロナの為に、通常の入院ベッド確保が本当にかなり困難になっていますので、適切な通院検査加療を受けたいものですね。

 

最後に私事ですが、昨年は、1年前に悪性かもしれない腫瘍が胆管に見つかり夏に手術を受け1週間休みをいただきました。手術から目が覚めるまでの不安は大きかったですが、短期間の入院で戻ってこれました。その間、職員さん達はしっかり医療活動してくれました。

 

先日は、4年前にテニスで陥った左第2足趾の陳旧性脱臼を「2割ほどは装具で戻る」とのことで保存的に診療受けてきましたが、昨秋11月、「今まで戻らなかったのでこの先戻る見込は難しく、手術するならあと一年以内でないと筋の拘縮でうまく治せなくなる」とのことで、寒い間に治そうと1月9日土曜に関節修復の手術を受けてきました。この5年くらいで確立されてきた手術のようです。ギプス生活があと3週、その後、装具生活がしばらく続くらしく、なかなか生活困難ですが、職員さんに非常に助けていただいております。怪我と異なり、動けてはいたものを自ら手術でこの状態になるのは心身ともになかなかこたえるものだと今になって気付きましたが、綺麗なパンプスをまた履けるようになることとテニス再開を楽しみに、あと3ヶ月ほど頑張りたいと思っております。

 

良い方の足や腕や体幹も思ったより疲労しますが、極力ご迷惑をおかけしないよう院長活動と診療に臨みますので、引き続き宜しくお願い致します。

新型コロナ

新型コロナ、あちこちで診断されるようになっていますが、それでも、冷静な対応と行動によって日本で爆発的な発生はなく経過中ですね。罹患された方々の一刻も早いご本復をお祈りします。そして何より薬剤の市販が待たれます。感染症への意識の高まりと正確な知識が広まったことで、今後もし大規模災害が起きた時にはきっと役に立つと思います。

そろそろ仕事が終わるので、手洗いたくさんして、今日は地域経済に少しでも貢献しに独り飲食にお出かけします!


新型コロナvs研究会

新型コロナのために講演会・研究会が軒並み延期されています。なのでたまにそのまま開催されると聴くとびっくり、既に無いものと思って行かないモードだったので、あたふたと、ミネラルコルチコイド受容体の聴きに行ってきました。中身の詰まったご講演でしっかり勉強できてとても充実でした。咽頭をしっかりアルコール消毒して帰るつもりでしたが、疲れもあって自宅消毒にしましま  た、